引っ越しノウハウまとめ(リクラッソ利用者)

引っ越しアドバイス

荷物の整理について

引っ越しアドバイスありきたりですが「断捨離」ですね。
いらないものは本当に思いきって捨てる!
これが一番大切だと痛いほど実感しました…。
荷ほどきの際に結局捨てるハメになったものが沢山出てしまい、なかなか新居が片付きませんでした…。

子供の服などは引越し前に自宅にお友達を呼んで欲しい物をもらってもらうのも良いかもしれませんね。
あとは、冷蔵庫の中のもの。
冷凍庫は早めに片付けるのをお勧めします。
計画的に減らして行かないと、引越しの日に冷凍ものは捨てなくてはならなくなります。

冷蔵ものなら保冷バッグなどである程度は持って行けますが、冷凍だと…。
そして、ガスコンロ。

アレは当日掃除しようとするとなかなか手強い相手です。
我が家では引越し数日前に思いきってコンロを外し、ピカピカに磨き上げました。
そして引越しまでの数日間はカセットコンロとホットプレートで料理をしましたよ。
これはすごく良かったので、コンロ外して退去される方にはオススメです。


引っ越し料金を安くする方法など

ネット上にある引越し情報サイトを複数参考にするのをオススメします。

私は、「ハート引っ越しセンターを《半額》で依頼する方法」というサイトなどを見ましたが、対象外の業者まとめサイトにもお得な情報は多々載っておりますので見かけたらまず、見てみましょう。

そして、荷物に関してですが、とにかく荷物を増やさない!これに尽きます。

あとは、クローゼットなどの収納が充実した部屋に入居すると、家具が減らせて本当に楽でした。
衣装ケースなんかは、そのまま運んでもらえたので、荷造りする必要もなくてラクチンでした。
でも本やDVDなどは増え続ける一方で、しかも重い・・・。

そこで我が家では捨てる期限を決めました。『2年見ていないいもの。読んでないもの。着ていないものは捨てること』
これでかなりの物が減りました。
でも同じ本が2冊出てきたのにはビックリ!読んだことも忘れて買っていたなんて、トホホ。

 

自力の引越しってどう?

引越しのコツ

引越し先が、そんなに離れていない場所だったので「自分たちでしてみよう」ということになりました。

夫は仕事があるので、自分と子どもたちで、出来る事はしようとダンボール集めに買い物ついでに、スーパーでもらって回ったり荷物をまとめては車に乗せ荷物を運んでおりました。

大きな(重い)ものは運ぶのが大変で、1番大きな子どもと必死に運びました。
大きすぎて扉から入らないなど問題も出たりもしましたが、どうにか窓から入れることができて、みんなで笑顔で顔を見合わせたりと問題があるたび、相談し、知恵を出し合って進めました。

頑張った次の日は腰痛に悩まされたりもしましたが思春期真っ只中の子どももいたのですが、この引越しの手伝いで余った体力を使い切ったのか、とても落ち着いて協力的でなんとなく親子の絆が深まったような感じがしました。

休日は私では絶対無理だと思う冷蔵庫や犬小屋などを夫が運んでくれて引越しが無事に完了しました。

 

自力引越しを効率良く行うコツ

引越しのコツ

■運び込む前に、どの部屋は何の部屋か決めておく。
これが大事だと思います。
荷物を運び込む際に、各部屋に置くことができれば、中身を出すときに端から端まで歩くこともなくスムーズにできます。

カーペットなどを敷く部屋には、荷物を運び込むより先に1番最初に敷いておく。
運んでしまうと敷くのも難しくなります。

運び込む時は、大きな物から配置を決めて入れてしまう
後から場所を移動しようとすると、置いてしまった物が邪魔で
最初に置くより数倍疲れてしまいます。

 

リクラッソで単身引越し

リクラッソ口コミ

リクラッソ口コミ

引越し対象は自分だけだったので、大きな荷物は そんなにありませんでしたが、当日に スタッフの方が2人来られて、迅速且つ丁寧に作業して下さいました。

見積もりから下見までも 丁寧で誠意のある営業をして下さったので、即決しました。
実際、かなり値下げしていただき、本当に助かりました。

見積もりをしただけで お米をいただきました。

箱詰めは 個人でお願いしますとのことでしたが
渡されたダンボールもかなり余裕があり 焦ることなく荷造りができ、大変助かりました。
引越し先での荷物の搬入時も、とても丁寧で迅速にしていただきました。

嫁ぎ先への引越しだったのですが、作業が終了して 帰られる際、「お幸せに。」と声をかけていただき、目頭が熱くなったのを覚えています。
今回、一括見積りサイトを使ってみました。
一番初めにインターネットで引越し業者を探していて、【1分で簡単見積もり】というような感じで入力したら、某業者から5分もしない内に 携帯に電話がかかって来たので、かなりびっくりしました。

こちらから頼むというより、実際の荷物を見て…という流れに早く持って行きたいというのがみえみえな感じが少し残念です。サービスや接客、作業自体は本当にプロフェッショナルだなと感じただけに、そう思ったのかもしれません。
引越し先の選び方は、昔からの古い家が建ち並ぶ街を避けています。
一人暮らしの高齢者ばかりの古い団地や子供が巣だって高齢者のみになったニュータウンなどです。

近くに子供がいないと遊び相手がいないし、活気がありません。
静かな暗い街になってしまいます。
子供の声がうるさいや、遊んでいると危ないと怒られそうです。

近くに買い物したり遊んだりする場所がないと、遠くまで出かけていかないといけなくて、不便です。
子供や子育て世帯の孤立するような街には住みたくありません。