引っ越しノウハウまとめ(リクラッソ利用者)

引っ越しアドバイス

荷物の整理について

引っ越しアドバイスありきたりですが「断捨離」ですね。
いらないものは本当に思いきって捨てる!
これが一番大切だと痛いほど実感しました…。
荷ほどきの際に結局捨てるハメになったものが沢山出てしまい、なかなか新居が片付きませんでした…。

子供の服などは引越し前に自宅にお友達を呼んで欲しい物をもらってもらうのも良いかもしれませんね。
あとは、冷蔵庫の中のもの。
冷凍庫は早めに片付けるのをお勧めします。
計画的に減らして行かないと、引越しの日に冷凍ものは捨てなくてはならなくなります。

冷蔵ものなら保冷バッグなどである程度は持って行けますが、冷凍だと…。
そして、ガスコンロ。

アレは当日掃除しようとするとなかなか手強い相手です。
我が家では引越し数日前に思いきってコンロを外し、ピカピカに磨き上げました。
そして引越しまでの数日間はカセットコンロとホットプレートで料理をしましたよ。
これはすごく良かったので、コンロ外して退去される方にはオススメです。


引っ越し料金を安くする方法など

ネット上にある引越し情報サイトを複数参考にするのをオススメします。

私は、「ハート引っ越しセンターを《半額》で依頼する方法」というサイトなどを見ましたが、対象外の業者まとめサイトにもお得な情報は多々載っておりますので見かけたらまず、見てみましょう。

そして、荷物に関してですが、とにかく荷物を増やさない!これに尽きます。

あとは、クローゼットなどの収納が充実した部屋に入居すると、家具が減らせて本当に楽でした。
衣装ケースなんかは、そのまま運んでもらえたので、荷造りする必要もなくてラクチンでした。
でも本やDVDなどは増え続ける一方で、しかも重い・・・。

そこで我が家では捨てる期限を決めました。『2年見ていないいもの。読んでないもの。着ていないものは捨てること』
これでかなりの物が減りました。
でも同じ本が2冊出てきたのにはビックリ!読んだことも忘れて買っていたなんて、トホホ。

 

近所付き合いの大切さ(賃貸でのトラブル回避法)

盗難にあいました

賃貸では周囲と極力コミュニーケーションを取るのを推奨します。

盗難にあいました

今では私自身も大きくなり、外で遊ぶこともなくなりましたが、幼い頃はよく家の前の道路でサッカーやバスケボールなどをして遊んでいました。

よく、隣の家の男兄弟2人組と遊んでいたのですが、兄弟と遊ぶと何かしらおもちゃがなくなっていたため、不信がっていました。

おもちゃを置く場所は当時、家の庭の隅のスペースに棚を作ってそこに保管していました。
おもちゃだけしか入っていなかったので、当然鍵をつけることもしなかったです。

ある日、たまたま家の中から、そのおもちゃの棚を見ていたら、その隣家のの男兄弟が平然と家の敷地に入り、棚からおもちゃを持って行くところを目撃してしまいました。

すぐさま追いかけると、なに食わぬ顔で私の家から持ち去ったおもちゃで遊んでいました。

取り返そうとおもい、その家の祖母に話し合いにいったところ、
「孫たちがとった証拠もないのにデタラメいうな!詫びろ!」と逆に謝罪を要求される始末で話になりませんでした。

そこから、おもちゃをとられることはなくなりましが、自転車に真新しいクギが刺さってたり、挨拶すると罵声を浴びせられるなど、度々嫌がされをされています。
この祖母の方は、私の家以外の方たちともトラブルが絶えず、よくケンカしているところを目撃します。

おもちゃに関しては、外で保管するのを止めました。
また、徹底的に名前を大きく濃く書いて、はっきりと所有者が分かるようにしました。

新しく購入したおもちゃは、男兄弟たちの目につかないように、家の前ではなるべく使用することを避けて、近所の公園などに出向いて遊ぶなどして工夫していました。
返って公園などに出向くことによって、交友関係が広がったので、当時の私としてはラッキーでした。

タイヤをパンクさせられた被害にあったときは、最初の数回は黙っていましが、こちらもタイヤ代などの費用がかかって損をするばかりだったので、警察の方を呼びました。
仲の良いご近所さんたちにも協力しもらい、事を大きくしてもらったところ、ある日突然謝ってきたのを覚えています。
そこから私の家に対しての嫌がらせは減りました。

 

 

楽に引越しをするポイント

引越しのコツ

 新築への一斉入居は特殊だと考える

引越しのコツ
特にないですが、新築への一斉入居であることは必ず業者に言っておかないといけないと学んだこと。

粗大ゴミの処理方法なども早めに考えておかないといけないこと。
業者に依頼するならその選択と手配も、早め早めにきちんとやっておかないと、あわてて探しておかしな業者に引っかかると余分な出費になる。

以前越したときに、粗大ゴミの処理業者をあわてて探して、引越し当日に来た業者が、あまりに高い金額を言うのでキャンセルしたかったが、違約金がどうとか言い出し、また時間も無かったので仕方なくそのまま頼み、無駄な出費でした。

あとクーラーは洗浄も一緒に頼むのがいいみたいですね。
せっかく新しいところに越すのに埃をもっていくのはバカらしい。


 

ダンボールで一工夫

引っ越しする際、引っ越し業者さんに、荷物の詰め込みを多少お願いすることがあっても、自分で少し、やりたくなりますよね?

そんなときは、部屋ごと、場所ごとで段ボールは詰めると、開けたときにも「あら?あれは何処かしら?」というのがなくなります。

例えば、リビングだったら、テレビの回りの小物だけを詰める、すき間が出来てもそこのすき間には、キッチンから何かを持ってきて詰めてはいけないのです。

こんなにすき間が空いて勿体無い。
と思っても、そこは、グッと堪えて新聞紙などを丸めたものを詰めましょう。
すると、リビングの荷物は必ずリビングの段ボールに。

新居でお料理しようと思った際も、キッチンの段ボールの中に必ず探しているものはありますから、探すのも、荷物を解くのも、楽ですね。

このように、詰めるということは、荷物をとく作業があるということを忘れないことが大切ですね。