リクラッソ以外の業者に対しても意識してやっていること

交渉

リクラッソや他業者で私が必ず力を入れるのは値引き交渉です。
引越しをするときは、値切りが大切です。

交渉
引っ越し料金を値切る時に重要な事は、
必ず複数の業者に対して見積もりを取り、お互いに競わせるということです。

基本的に、引越しというのは一回やったら必要ないものなので、どの引越し業者も、その「たった一回」を奪い合うのに必死になっています。
だからこそ、ライバルの業者が自分たちよりも安い金額を提示したとなれば、必ず向こうから「もっと安くしますよ」という提案をしてくるはずです。

特に、最近では引越し業者の比較をするのはむしろ当たり前になりつつあるので、変に遠慮せずに、ズバリ「●●社はもっと安い見積もりでしたよ」と伝えた方が、向こうも具体的な金額を提示しやすくなって話がスムーズに進みます。

最終的にどの業者が一番の安値を提示してくるかはわからないので、絶対に初回の交渉時に即決するのだけは避けましょう。値切りまくりましょう。

本気で安く料金を抑えたければ、多少面倒で時間がかかってでも、即決はせずに何回か交渉を重ねて粘り強く値切るべきだと思います。
引越しに高いお金は出したくないですしね。


あと、個人的に首都圏に近い場所にはなるべく住みたくないので、ほどよい引越し先を選ぶよう気をつけています。
特に、大きな道路が近くに走っているような場所は、夜遅くまで車の騒音があので住みたくないと思います。

近くに大きな空港などがあり、常に騒音があるような場所も住めないです。

住む場所を決める際に、夜遅くまで騒音がないということにはすごくこだわります。
音以外には、その地域の治安もかなり重要で、都会で便利な場所でも治安があまり良くなければ、少し不便なところがあっても治安のいい方を選びます。

 

自力の引越しってどう?

引越しのコツ

引越し先が、そんなに離れていない場所だったので「自分たちでしてみよう」ということになりました。

夫は仕事があるので、自分と子どもたちで、出来る事はしようとダンボール集めに買い物ついでに、スーパーでもらって回ったり荷物をまとめては車に乗せ荷物を運んでおりました。

大きな(重い)ものは運ぶのが大変で、1番大きな子どもと必死に運びました。
大きすぎて扉から入らないなど問題も出たりもしましたが、どうにか窓から入れることができて、みんなで笑顔で顔を見合わせたりと問題があるたび、相談し、知恵を出し合って進めました。

頑張った次の日は腰痛に悩まされたりもしましたが思春期真っ只中の子どももいたのですが、この引越しの手伝いで余った体力を使い切ったのか、とても落ち着いて協力的でなんとなく親子の絆が深まったような感じがしました。

休日は私では絶対無理だと思う冷蔵庫や犬小屋などを夫が運んでくれて引越しが無事に完了しました。

 

自力引越しを効率良く行うコツ

引越しのコツ

■運び込む前に、どの部屋は何の部屋か決めておく。
これが大事だと思います。
荷物を運び込む際に、各部屋に置くことができれば、中身を出すときに端から端まで歩くこともなくスムーズにできます。

カーペットなどを敷く部屋には、荷物を運び込むより先に1番最初に敷いておく。
運んでしまうと敷くのも難しくなります。

運び込む時は、大きな物から配置を決めて入れてしまう
後から場所を移動しようとすると、置いてしまった物が邪魔で
最初に置くより数倍疲れてしまいます。

 

リクラッソで単身引越し

リクラッソ口コミ

リクラッソ口コミ

引越し対象は自分だけだったので、大きな荷物は そんなにありませんでしたが、当日に スタッフの方が2人来られて、迅速且つ丁寧に作業して下さいました。

見積もりから下見までも 丁寧で誠意のある営業をして下さったので、即決しました。
実際、かなり値下げしていただき、本当に助かりました。

見積もりをしただけで お米をいただきました。

箱詰めは 個人でお願いしますとのことでしたが
渡されたダンボールもかなり余裕があり 焦ることなく荷造りができ、大変助かりました。
引越し先での荷物の搬入時も、とても丁寧で迅速にしていただきました。

嫁ぎ先への引越しだったのですが、作業が終了して 帰られる際、「お幸せに。」と声をかけていただき、目頭が熱くなったのを覚えています。
今回、一括見積りサイトを使ってみました。
一番初めにインターネットで引越し業者を探していて、【1分で簡単見積もり】というような感じで入力したら、某業者から5分もしない内に 携帯に電話がかかって来たので、かなりびっくりしました。

こちらから頼むというより、実際の荷物を見て…という流れに早く持って行きたいというのがみえみえな感じが少し残念です。サービスや接客、作業自体は本当にプロフェッショナルだなと感じただけに、そう思ったのかもしれません。
引越し先の選び方は、昔からの古い家が建ち並ぶ街を避けています。
一人暮らしの高齢者ばかりの古い団地や子供が巣だって高齢者のみになったニュータウンなどです。

近くに子供がいないと遊び相手がいないし、活気がありません。
静かな暗い街になってしまいます。
子供の声がうるさいや、遊んでいると危ないと怒られそうです。

近くに買い物したり遊んだりする場所がないと、遠くまで出かけていかないといけなくて、不便です。
子供や子育て世帯の孤立するような街には住みたくありません。

リクラッソの引っ越し料金を【最大で半額】にする方法

リクラッソのお陰で楽に引っ越しが出来ました!

今回はリクラッソという引っ越し業者に依頼をしました。

まず私は今回、引っ越しが2回目ということもあってある程度の勝手はつかみましたので、ほとんどの荷造りは自分でやりました。

ダンバールはすべて引っ越し業者さんの方で用意してくれました。

だいたい15枚くらい頂きました。

だいぶ荷物もあったので本当に助かりました。

荷物の積み下ろしはもちろんのことですが、家具の保護や配置まで行ってくれて私は何ひとつチカラ仕事はしておりません。

私の住もうとした部屋は2階だったのですが、冷蔵庫が一番大変そうでした。

しかし、さすが引っ越し屋さんて感じで2人だけで冷蔵庫は運んでいました。

仲間どうしの声がけもしっかりできていてまるでリズムにのっているかのような作業風景を見ていてとても関心しました。

引っ越しをスムーズにするコツ

ダンボールに物を詰める際には、何がどこに入っているのかが分かるように箱には名称なりを書いておいた方が後からでも探しやすいと思います。

食器類、コップ類は割れる危険性がありますので、すべて新聞紙に包んでからダンボールに詰めることがいいと思います。

洋服の詰め方は、ただたたんで入れるのではなくて洋服をたたんでくるくるとまるめてから箱詰めした方がたくさん入ると思います。

すぐに使う物常に使う物、例えば化粧品やお薬などでしたらご自身で運んだ方がいいです。

冷蔵庫の場合は、引っ越しして電源コンセントを入れて半日くらいおいてから冷蔵品や冷凍品を保存した方がいいと思います。

ほとんどの引っ越し業者さんはいろいろなサービスを行っているので自分が気にするのはこれくらいです。

 

リクラッソのサービスは丁寧で、作業員さんもとても親切でした。

以前一人暮らしをしていたときに、引っ越しのサカイに依頼したことがあったので、今回もサカイさんに依頼をしようかと思っていたのですが、主人の会社の方からの紹介があり、初めての業者さんでしたが、我が家はリクラッソに決めました。

他社に比べてとても安いと評判だったので、あまりサービスは期待していませんでした。

当日は3名の男性に作業をしていただいたのですが、先輩らしい方が後輩の方に厳しい声で叱りながら一生懸命、荷物の積み運びをしていただきました。

新築の我が家は階段が狭く、Uピンのように曲がっているのですが、大きいダブルベッドを2階に運ぶときに、1センチごとに声をかけて、クロスを傷つけないように、細心の注意を払って作業していただきました。

荷物も一つずつ丁寧に運んで、必ずどこに置くかを大きな声で確認したのが印象的でした。

私たちに対しては、とても丁寧な説明で物腰柔らかく接してくださったので、とても感じが良かったです。

私の家の経験談です。

新築して引越しの準備をするときの話です。

新しい家に住める!ということで、とても気分が盛り上がってどういうインテリアにするか、などと主人と話し合っていました。

バリ風や北欧風など色んなイメージをして、お休みの日には家具屋さんやインテリアショップを巡っていました。

リビングにはソファやテーブル、ダイニングにはテーブルやイスなど、引っ越し後に配達の手配をとっていました。

ただ、食器や小物などは全く用意していないことに気づき、引っ越し前に沢山購入しておきました。

引越し準備の際に、気づきましたが、そういった小物は引越し後に購入したほうが荷物にならなかったのでは、と公開しました。

みなさんも小物の大量購入にはお気を付けください。